マイナポイント第2弾における手続きとポイント付与タイミングの比較、QRコード決済の場合

マイナポイント第2弾が実施されており、新たに健康保険証利用登録や公金受取口座の登録でマイナポイントが合計15,000円相当付与されます。また、第1弾時に25%ポイント(最大5千円相当)還元を未実施の人は追加で申請できます。手続き方法とポイント付与タイミングを主なQRコードで比較をしてみましたので、紹介します。

マイナポイント第2弾とは

マイナポイントは、マイナンバーカードの取得・利用を促進するための国の施策で、条件を満たすと現金相当のポイントを受取ることができます。

マイナポイント第1弾としては、2021年12月31日までにマイナポイントを申請・設定した決済方法で2万円の買物をすると5千円相当(購入金額の25%)のポイントが付与されました。

さらにマイナポイント第2弾(青字をクリックするとサイトへ移動します)として次の施策がなされています。

  1. 新規登録:マイナンバーカードの新規取得者に最大5,000 円相当(購入金額の25%)のポイントが付与されます。これは第1弾終了後の2022年1月1日から開始されています。第1弾時に新規取得をしてまだこれに登録をされていない方は同じ特典を得る事ができます。
  2. 健康保険証利用申込み:マイナンバーカードを健康保険証として利用登録を行った者に7,500 円相当のポイントが付与されます。
  3. 公金受取口座登録:マイナンバーカードの公金受取口座として預貯金口座を登録した者に7,500 円相当のポイントが付与されます。

マイナポイントはキャッシュレス決済を広める目的でなされていますので具体的な決済方法としては、QRコード決済、電子マネー決済、クレジットカード決済、デビッドカード等があります。この記事では、主なQRコードにおける手続き方法とポイントの付与タイミングについて比較してみます。

QRコード決済における比較

主なQRコードとしては、PayPay、楽天Pay、d払い、au Payとします。マイナポイントは各々のポイントと紐付けしますので、付与されるポイント名は、PayPayポイント、楽天ポイント、dポイント、au Pay残高となります。

手続き方法の比較

申込は、スマホアプリ、コンビニATM、コンビニのマルチコピー機、ショップ店頭等から可能です。ただし、キャッシュレス決済の種類により異なりので、個別の確認が必要です。

マイナポイント・サイトでは、次の方法で記載されています。()内は、この後の表の「手続きの対応」で記載した略称です。

  • パソコンから(パソコン):パソコンから登録・申請等ができます。
  • スマートフォンから(スマホ):スマホアプリから登録・申請等ができます。
  • コンビニのマルチコピー機から(コンビニ)ローソンのマルチコピー機から登録・申請等ができます。
  • ATMから(ATM)セブン銀行ATMから登録・申請等ができます。
  • マイナポイント手続きスポット(コンビニ・ATM以外):市区町村窓口・民間事業者が提供する手続スポットで登録・申請等ができます。
  • 店頭でICカード等を直接購入:店頭でICカード等を購入する際に、決済サービス事業者が登録・申請等を支援してくれます。

次の表は、登録サービス名と手続きの対応状況を現したものです。登録サービス名の()内の「チャージ特典」、「チャージ時」、「残高チャージ」等は、チャージした時に条件が達成され、その結果最も早くポイントが付与されるので、この場合の結果を示しています。

主なQRコード決済サービスと手続きの対応
【主なQRコード決済サービスと手続きの対応】

楽天Payの場合は、チャージ時ではなく買物等利用後の決済時に条件が満たされます。また、手続きの対応は、スマホの楽天Payアプリからのみ可能になっています。ただし、楽天Payのメリットとしては、楽天ポイント利用も購入金額に算入されます(「マイナポイント第2弾とは」の①の購入金額)

ポイント付与タイミングの比較

次に各QRコード決済におけるポイントの付与タイミングを、新規登録、健康保険証利用申込み、公金受取口座登録の場合で比較してみました。

マイナポイント事務手続き作業の込み具合もありますが、原則、次の表のとおりで、PayPay(チャージ特典)は最も早いという結果です。

主なQRコード決済サービスとポイント付与タイミング
【主なQRコード決済サービスとポイント付与タイミング

私の場合は、PayPay(チャージ特典)で登録しましたが、健康保険証利用申込みと公金受取口座登録では翌日にPayPayポイントが付与されていました。

留意点

いままでの内容を含めて留意点をいくつか記載します。

  • 比較的早くにポイントを得たい場合は、チャージするだけで条件成立のタイプを選択した方が良いです。今回の例では、PayPay(チャージ特典)、d払い(チャージ時)、au Pay(残高チャージ)です。この中では、PayPay(チャージ特典)が最も早くにポイントをゲットできます
  • 楽天ポイントの場合は、チャージだけでは駄目で、利用をしなければ条件成立になりません。ただし、楽天ポイント自体が購入資金の対象となりこれを含めて①新規登録時の購入金額25%還元(ポイント付与)となります
  • ポイント付与タイミングは先の表で示しましたが、事務処理で遅れる場合があります

なお、PayPayの設定方法については次の記事でまとめていますので、ご覧ください。

関連記事

マイナポイント第2弾(2021年11月19日発表)では、マイナンバーカードの新取得者以外の既取得者でも健康保険証利用登録や公金受取口座の登録でマイナポイントが新たに付与されます。既にこれらの登録を終えた人でも具体的なポイントを付与するため[…]

マイナポイント第2弾でのPayPayとの紐付け方法

さいごに

マイナポイントは、新規登録を合わせると2万円に出費で合計2万円相当のポイントを受取る事ができますので、実施しない手はありません。国の事業なので、私たちの税金が原資です。取られっぱなしでは面白くありませんので、少しでも還元してもらうが良いと思います。

うちの家族では、私がPayPay、奥さんがWAONの電子マネー、子供はd払いで申込み・登録を終えています。実施形態はバラバラですが、自分の使い勝手のよりキャッシュレス決済サービスを選んだ結果です。

サポートも親切に教えてくれますので、まだの人は早々に実行されるのが良いと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村

楽天市場
5



マイナポイント第2弾におけるQRコード決済の比較
白ノ葉ブログの最新情報をチェック!